新型コロナウイルス抗体検査について

新型コロナウイルス抗体検査について 院長 小野保長医師より皆様へ

現在、ニュース等でよく耳にする新型コロナウイルス抗体検査を当院でも導入致します。
当院で使用する簡易キットはイムノクロマト法により、少量の血液を載せるだけで、目視判定による定性分析ができるため、特別な装置を必要とせず、抗体陽性かどうかが迅速かつ簡便に検査することが可能です。

 

私たちの体にウイルスやばい菌などの病原体が侵入すると、その病原体の一部である抗原を認識し、そうした抗原を攻撃する抗体が作られます。
ウイルス感染で主に働くのは「IgM」と「IgG」です。「IgM」はウイルス感染初期に作られ、その後に「IgG」が産生されます。
一般的に「IgM」が陽性であれば感染早期である可能性があり、「IgG」が陽性であれば、ウイルスに対する免疫体制が完成している可能性があると考えられています。 
しかし、まだ十分な知見が得られていない新型コロナウイルス感染症については、世界各国で研究がさかんにおこなわれており、従来の考えが当てはまらない可能性もあります。

抗体検査が陽性だからと感染予防を怠ってしまいますと、むしろ感染爆発のリスクを高めてしまう可能性もありますので、安心しきらないことをお願いしております。
WHO(世界保健機関)でも、抗体が出来ても再感染しないわけではないと警告しています。
抗体を持っていなければ、今後の感染リスクが高い為、しっかりと感染対策を行っていかなければなりません。
引き続き感染予防や対策等の意識を持った慎重な行動を心掛けるための目安になる検査でもあります

当院でも新型コロナ抗体検査を受けられます。
お問い合わせは、03-6274-5074までお電話ください。